現代を生き抜くにはどうしたらいいか?: 三毒・四悪趣からの脱却

2012年06月30日

三毒・四悪趣からの脱却

ヒトは、本能のイキモノである。

人類は欲望を持った生物である。

人は欲を持っている。


上記の文は、どれも同じ文言である。

つまり、内容が一緒であるということ。


それでは、これを滅失できるか?

本能・煩悩を全て捨て去ることは可能か? 否か?


答えは、NOである。

この欲望・本能のない生物は、

生きるシカバネである。

つまり、棺桶のなかにすっぽり、身体が入っている状態といえよう。


それでは、そういう煩悩や本能を、どう、コントロ−ルしていくか?

それが、問題だ!!


こういう初歩的な問題は、仏法では、煩悩即菩提という。

また、生死即涅槃ともいう。


これらの詳しい内容は、仏法と健康・豊かさを考えるを熟読すれば、理解できる。
posted by 歴史学者 at 20:07| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。